スマートウォッチが充電されない!寝るときの使い方は?

便利なスマートウォッチを買ったけど、使い方がいまいちわからなかったり、上手く動かなかったりあります。

今回ここでは、スマートウォッチ充電されない!、スマートウォッチ寝るとき?などの疑問をお持ちの方へ参考になってほしい記事となります。

それでは、スマートウォッチ充電されない・スマートウォッチ寝るとき。の対処法と使い方をご紹介します。

 

スマートウォッチ充電されない!スマートウォッチ寝るとき?の対処法・使い方

まず、充電方法ですがお使いの機種にもよります。

主に3タイプの充電方法があり、マグネットタイプ・挟み込むタイプ・USBタイプです。

充電のやり方としては、マグネットタイプは、充電器をスマートウォッチの裏側へ磁力によって装着します。

あとは、USBアダプターを電源へ接続するだけです。近づければくっつくので、充電のやり方としては簡単です。

挟み込みタイプは、充電器でスマートウォッチ本体を挟み込んで装着します。

しっかりと、フィットさせることがポイントです。

しっかりフィットしてないと充電されないことがあるようです。

そして、USBアダプターを電源へ接続します。

USBタイプは、スマートウォッチ内蔵のUSBポートに充電器を差し込み装着します。

あとは、電源へ接続します。

お使いのスマートフォンと同じタイプのUSBならば、充電器を別にしなくても共通の充電器で済むの

で、出かけた先で忘れる心配がなくなります。

お持ちのスマートウォッチが充電されない時は、

充電器の位置がズレたりしっかりフィットしてるか確認してみる。

別の電源を試してみる。電源アダプターに問題がる場合・コンセント自体に問題がある場合。

スマートウォッチを再起動してみる。

充電器を買い替えてみる。

それでもダメなら修理・買い替えになるようです。

詳しくは、各メーカーのサポートセンター、購入されたお店へ相談してみて下さい。

スマートウォッチ寝るときの使い方

スマートウォッチ寝るとき?ですが、

寝るときのスマートウォッチの用途としては、

機種にもよりますが基本的な目的は、睡眠モニタリングになります。

デバイスによって多少性能は違ってきますが、ある程度同じようなデータが得られるようです。

睡眠時間という睡眠の量、そして睡眠の質を見える化することによって自分に合った睡眠へ改善しやすくなります。

睡眠時に装着しているスマートウォッチで、睡眠をスマートウォッチの各種センサーによって計測します。主に睡眠モニタリングと言われるもの、のようです。

 

スマートウォッチ充電されない心配がない、充電不要なタイプ

スマートウォッチ寝るとき睡眠モニタリングとは?

充電が面倒、忘れやすい方へは、充電が不要なスマートウォッチがあります。

ハイブリッド型スマートウォッチと呼ばれるもので、

見た目は普通の時計ですがスマートウォッチの機能を備えています。

充電タイプではなく、電池によって動くので充電は不要です。

約半年、6か月程度での電池交換が多いようです。

スマートウォッチ寝るとき、睡眠データを取って睡眠モニタリングのおすすめ。

健康的に活動するために、睡眠の質を向上させることは必須です。

睡眠により、疲れを回復させることがたいせつです。

睡眠は長すぎても、短すぎても良くないと言われます。

そこで、スマートウォッチが、自分の睡眠の傾向を知るために睡眠の質を見えるように可視化してくれる。

光学式心拍計、加速度センサーを主に使い、睡眠時間の計測、レム睡眠などの計測、中断された睡眠の回数と長さの計測、自律神経の興奮度合いの計測のようなデータがスマートウォッチで測れる。

睡眠の質の改善のためにスマートウォッチは便利ですので、ぜひおすすめしたいです。

 

まとめ

スマートウォッチ充電されない!

そんな時は一度冷静になって、充電器の接続を調べてみる。再起動をしてみる。

充電器アダプターを変えてみる。電源自体を別の場所からとってみる。

などをお試しいただき、修理・買い替えを検討されてください。

スマートウォッチ寝るとき?には

スマートウォッチの機能をフルに使い、健康的な生活が送れるように。

睡眠モニタリングによって、ご自身の睡眠の質の改善、

必要により量の改善を模索してみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です