プロセカ・イベント楽曲でプレイ時間が短い曲と長い曲を紹介!

プロセカ・イベント楽曲でプレイ時間が短い曲と長い曲を紹介!

プロセカではプレイ時間が短い曲と長い曲、大きく分けて2種類の楽曲が存在します。

イベントではライブを利用してポイントを稼ぐため、曲によってかかる効率の良し悪しが肝心です。

今回はプロセカのイベント向け短い曲と長い曲についてまとめていきます。

効率よくイベントを進めていくためにも短い曲と長い曲で掛かる効率の良さに迫っていきましょう。

スポンサードリンク



イベントを効率よく進めるための曲選択とは?

定期的に開催されている各イベントを効率よく進めるためには、ライブする楽曲の選択が重要です。

プロセカでは数々の楽曲が登場しているのですが、どれが良いのか迷ってしまうところ。

ランキング上位を狙うには結果は曲選び次第です。

イベントを効率よく進められる曲選択について詳しく見ていきましょう。

イベント効率が最も良いのは短い曲

イベントを進める中で最も効率が良い曲は、ライブ時間が短い曲です。

各楽曲で手に入るイベントポイントは楽曲の長さに左右されない仕様で、スコアさえ稼げれば後はイベント特効などで上乗せしていく形になっています。

初期の仕様ではプレイする楽曲の長さも含まれていたのですが、現在ではそれがなくなりました。

長い曲も短い曲も同じだけポイントが稼げるのなら、素早く次の楽曲に移りやすい短い曲の効率が良いというわけです。

短い曲は最短だと1分弱しか時間がかからないので10分あれば7~8回は挑戦できますね。

長い曲は時間がかかる分効率の悪さが目立つ

逆に1曲プレイするのに時間がかかる長い曲というのは時間的に非効率になってしまいます。

その代表的な理由は曲の長さに関わらず同じ量のスコアが稼げることです。

3分ほどかかる楽曲をプレイしたとしても手に入るイベントポイントは1分弱の曲と同じ!

時間がかかるほど一定時間内にプレイできる楽曲の数が減っていくので、期間限定のイベントとの相性は悪いですね。

ポイントがもらえないわけではないので長い曲を周回しても良いですが、ポイント稼ぎに時間がかかってしまうので急いでいる方にはおすすめしません。

ただし、自然回復に任せてイベント周回を行いたい場合は、時間がかかる長い曲で回していくのが良いでしょう。

そうすることでライブボーナスを回復しつつ、のんびりイベントを進めていくことができます。

プロセカの短い曲と長い曲TOP3

イベントをより効率よく進めるための短い曲上位3曲と、自然回復に任せる長い曲上位3曲をまとめていきます。

どの曲でイベントを周回しても良いですが、ランキング上位を狙うのであれば効率よく進めたいところ。

ランキングを参考にイベントを効率よく進めていきましょう。

イベントを効率的に進められる短い曲TOP3

曲名 時間
独りんぼエンヴィー 1:14
ジャックポットサッドガール 1:21
ビバハピ 1:26

高速周回がしたい場合は、上記3曲での周回がベストですね。

特に独りんぼエンヴィーは1分14秒と最速の楽曲で、登場してから未だその短さを追い抜く曲がありません。

この効率曲を利用する場合に注意したいのが、ポイント倍率を増やすために石を割りながら挑む必要があることです。

最速で楽曲プレイ自体は終わりますが、ライブボーナスの回復には至っていないため倍率がすぐに等倍になってしまいます。

手に入るポイントの量を維持したいのであれば、石を割りながら進めていきましょう。

自然回復に任せる長い曲TOP3

曲名 時間
初音天地開闘神話 3:03
メルト 3:02
ワールドイズマイン 2:40

やるき回復を自然に任せつつイベントを進めるための長い曲は上位3曲!

特に長いのは初音天地開闘神話とメルト、両方とも3分かかるので10回プレイするとライブボーナスが1回復している状態です。

それでも効率的には微妙なところですが、自分のペースで周回できるのでのんびりプレイしたい方におすすめですよ。

あまり石を割りながら進めたくはない、ゆっくりイベントを進めたいという方は長い曲で周回していきましょう。

スポンサードリンク



まとめ

プロセカでは1分弱の短い曲から3分ほどの長い曲まで様々な楽曲が登場しています。

その中でも短い曲といえば効率曲とされており、イベント上位を目指すためには欠かせない楽曲です。

ただ、長い曲もそう悪い面ばかりではなく、ライブボーナスの自然回復を待ちながらのんびりイベントを進めることができます。

無理のない自分に合った進め方で効率曲を活用していきましょう。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。