30代の基礎化粧品・化粧水ブランド人気ランキング

30代となって、20代の時代とくらべ乾燥・毛穴・シミ・シワなどのお肌の悩みが気になってしょうがなくて、

「今やってるスキンケアでは十分でないのかな?」

「これから、きっちりとした肌のお手入れをしていかないとダメなのかな…」

など心配やいらだちに見舞われていませんか?

そういうわけでこのサイトでは、変化が激しい30代の肌にマッチした化粧品・化粧水を、

30代女性からの評価が高い

30代女性の肌の悩みに効果が現れる成分配合

というような評価基準で選び抜き、ランキング・リストでご案内します。

現在の貴方の肌のコンディションにマッチした化粧品・化粧水を用いて、ハリや透明感が漂う活き活きした感じのスキンをめざしていきましょう。

最初におすすめの人気化粧品・化粧水ブランドを確かめたい方は、こちら↓からご覧ください。


「20代のころは、なんともなかったのに、近ごろちょっと疲れ気味、肌の調子もイマイチなんだかヘン…」

30代の貴方、こんな覚えはありませんか?

自分の肌の状態があまりよくないと感じ始めるのが、だいたい30代の時期です。

化粧のノリが悪かったり、すぐに肌が乾燥してしまい、ツヤなどもあまりみられずに、皮膚が荒れやすい状態になりがちです。

20代の頃は、それほどスキンケアを意識しておらず、特にこだわってケアをせずにいても、肌が荒れてしまうということもなかった方でも、徐々に皮膚の状態は悪くなってしまったり、紫外線などの対策を行っていない場合には、そのダメージが溜まり、その影響がでてしまうこともあるでしょう。

そうなんです、このように、30代は肌にこれまで感じなかった変化が生まれてくる時期…肌の衰えを少しづつ感じ始める時期なのです。

エイジング…の波が、ひしひしと押し寄せてくるいわゆる、「お肌の曲がり角」なのです。

30代女性の肌の悩み…

このように、肌の衰えが気になり始める30代…今までなかったいろんな症状が現れます。

ここに、プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMESに掲載された興味深いデータがあるのでご紹介します。

…美容外科『東京イセアクリニック』(医療法人社団心紲会)では…女性10~50代・初診患者様1,322名を対象に【年代別「肌の悩み」アンケート調査】を実施。抱える肌問題は年齢によって異なり、様々な悩みを抱えていることが分かりました。

≪女性/年代別≫肌の悩みアンケート調査結果~概要

◎【30代】1位に「シミ(21.9%)」が最多。2位に「たるみ(15.8%)」と続き、20代と比較し「肌老化の悩み」が顕著となる

≪各世代別「肌の悩み」ワースト3≫

◎30代: 1位「シミ(21.9%) 」2位「たるみ(15.8%)」
3位「毛穴の開き・詰まり(15.1%)」

【調査機関】美容外科『東京イセアクリニック』調べ http://www.tokyoisea.com/

では、30代になると、なぜ肌の変化が著しくなるのでしょう?

それには、まず肌のメカニズムを見て見る必要があります。

(以下、「皮膚科医が教える、肌が老化する元凶とは」より)

肌トラブル、なぜ起こるの!?

肌は表皮、真皮、皮下組織に分かれ、表皮のもっとも外側にあるのが角層。外部の刺激から肌を守ると同時に、肌内部から水分が蒸発するのを防ぐ。一方、真皮はコラーゲンとエラスチンに支えられ、肌の弾力をキープ。そのすき間をヒアルロン酸が埋め、肌の水分を保っている。

「セラミド、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸は、加齢によって産生量が減少。セラミドが減ると肌は乾燥しやすくなり、コラーゲンやヒアルロン酸が減ると、肌がしぼんだ印象になります」(吉木伸子先生)

肌の健やかさに大いに関係するターンオーバー

「ターンオーバーとは、肌の細胞が新しく生まれ変わるサイクルのこと。通常は約28日周期で行われますが、年齢とともに速度がダウン。40代では約40日周期となり、シミなどができやすくなります。美肌をめざすには、ターンオーバーを促すケアが必要なのです」(吉木先生)

出典:プレジデント ウーマン 2018年4月号 皮膚科医が教える、肌が老化する元凶とは

つまり、30代になると、セラミド、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が急激に減ってくること、さらに、ターンオーバーの周期の遅れなどが、肌の変化に大いに関係あるということです。

それでは、30代になるとスキンケアはどうすればいいのでしょう?

30代、日々、忙しく過ごしている方もいるでしょう。

仕事や私生活が充実している場合には、忙しくても楽しく過ごしていることでしょう。

ですが、楽しい日々を過ごしていても、疲労やストレスなども溜まりやすく、また、30代の時期に入ると、肌などの状態なども20代の頃と比較しても徐々に変化していることもあります。

肌が乾燥しやすくなったり、ニキビや肌荒れといった状態に悩んでいる方もいるかもしれません。

30代の時のスキンケアとしては、まず、自分の肌質をチェックして、それにあわせたスキンケアを行うことが大切です。

洗顔を行い、肌に付着した汚れ、汗、そして余分な皮脂などをきれいに洗い流していくことも、毛穴の詰まりを防ぎ、ニキビや炎症といったものを予防するためには必要なことです。

ですが、洗顔料などによっては、肌に対して刺激が強すぎてしまい、それが負担となり、肌荒れの原因の一つになってしまうこともあります。

また、化粧品に関しても同じことが言えます。

肌の状態を整えたり、水分を肌に与え、保湿をすることで肌の状態を保ちます。

しかし、化粧水、美容液、保湿用の化粧品などを組み合わせることになりますが、それが、自分の肌に刺激が強すぎてしまうことで、これも肌荒れなどを引き起こす原因の一つになるため、30代になってから、まずすることは化粧品などの見直しをすることが重要なポイントといえます。

20代の時期では、特に肌に対して問題がないといっても、30代になることで、肌の状態などが今まで使っていた化粧品ではあわなくなっていることも考えられます。

このため、スキンケアとして肌の状態をきれいに保ちたいならば、30代の肌質にあった化粧品を選び、その化粧品できちんとスキンケアをすることが大切です。

また、肌なども加齢に伴い、水分が少なくなり、肌が乾燥しやすい傾向もあります。

そのような場合には、刺激の少ないタイプの化粧品で、セラミドなどの成分が配合された化粧品を試してみるといいでしょう。

セラミドは保湿にすぐれているため、肌が乾燥しやすく、また刺激などが強いと肌に合わない方にも、適している場合があります。

化粧品でしっかりと水分を補給して、それをきちんとカバーするため、保湿を行い、肌にうるおいを与えましょう。

肌をきれいに保ち、年齢よりも若くみられるような肌の状態を保てるように、日々、スキンケアを怠らず、また生活習慣などもきちんと改善していくことが大切です。

それでは、30代のための化粧品の特徴は?

30代のための化粧品の特徴としては、保湿力が高いものです。

30代になるとコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がどんどん減少していき、肌が乾燥しやすくなります。

それに伴い肌のエイジングもどんどん進んでいきます。

悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

その悩みは年齢を重ねるにつれてどんどん深刻になっていきますので30代から早めに効果的な化粧品でケアをして早めにエイジングを食い止めることが大切です。

30代のための化粧品の特徴である保湿力の高いものは、様々な化粧品メーカーやブランドから様々な種類のものが販売されています。

保湿効果を高める美容成分などが豊富に高濃度に配合されているものを選んでスキンケアに取り入れましょう。

エイジングの大敵は肌の乾燥です。

肌が乾燥すると角質のバリア機能が低下して水分や油分などのうるおいを肌にキープしておく力が弱まってしまいます。

そのことによりターンオーバーも不活発になってしまい、肌再生のスピードも遅くなってしまいます。

それが肌の乾燥をさらに加速させてしまい、シワ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴の開き、ごわつき、ざらつき、ニキビなどの肌トラブルにつながってしまいます。

ですので、30代になったら徹底的な保湿ケアをしてエイジングケアに努めていく必要があります。

具体的な方法についてですが、まずはクレンジングや洗顔料やパックやピーリング剤やふき取り化粧水で古い角質や角栓や酸化して汚れた皮脂や毛穴の汚れをしっかりとオフします。

化粧水の前にブースターを使用して角質を柔らかくしておくことで化粧水の浸透力をアップさせることができます。

積極的に使用してうるおいを肌の奥まで行き渡らせましょう。

化粧水はコットンやシートマスクに含ませて肌になじませたり、ハンドプレスで二度づけして肌にたっぷりとうるおいをチャージしたりするのが効果的です。

美容液も保湿効果を高めるタイプのものがおすすめです。

顔全体になじませ、目元や口元などの乾燥がとくに気になる箇所には丁寧に重ねづけをしましょう。

スキンケアの仕上げにはクリームや乳液などの油分を含むものでしっかりと蓋をします。

このような丁寧なスキンケアを心がけることで保湿力を格段にアップさせることができます。

そのことにより角質のバリア機能がアップしてターンオーバーが促進されて肌細胞の再生がうまくいくようになり年齢に負けない美肌に導くことができます。

30代のための化粧品の特徴をきちんと理解して対策に努めていきましょう。

30代の基礎化粧品選びとして気を付けたいポイント…

お肌の曲がり角を過ぎた30代の女性にとって、基礎化粧品選びは現在の肌質の改善、さらにこの先に向けてとても重要になってきます。

放っておいても若さで何とかなった10代や20代前半とは違い、日々のお手入れによって現在の状況が良くも悪くなり、将来的に影響が出てきてしまうので注意が必要です。

この先の年齢も綺麗でい続けるためには、今のお手入れが重要で、基礎化粧品選びが大切なポイントになります。

それでは30代の基礎化粧品選びとして気を付けたいポイントがどこにあるかというと、保湿にこだわることが大切です。

30代になると、それまではたくさんあったはずの美容成分の不足により、お肌から大切なうるおいが失われやすくなるので、少しずつハリや弾力がなくなり、たるみがちな状態になってしまいます。

お肌の問題点として、シミやシワ、ほうれい線などがありますが、これらの原因は肌の乾燥によるもので、しっかりと保湿することによって改善される場合があります。

保湿効果の高い化粧品を使えば、乾燥しがちな肌にたっぷりのうるおいを補充できるので、30代になったら、ポイントを抑えて選ぶようにしましょう。

毎日の肌ケアの基本となる化粧水や美容液、乳液といった基礎化粧品を選ぶ際には保湿効果を考えた方が良く、30代になった時には日頃使っている品を見直して、自分に適したメーカーがある時には年齢に適したラインを選ぶようにすると、肌の乾燥を防いで良い状態を保つことができるはずです。

しわやシミ、たるみ、ニキビなどの肌トラブルの原因は、お肌にうるおいが不足しているためなので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合しているものを選ぶことが大切です。

これらの成分には、お肌にうるおいを閉じ込める効果がありますが、加齢により減少するので、足りない分は化粧品で補充しなければなりません。

30代のしわやたるみの解消には、ビタミンC誘導体やレチノールを配合しているものがおすすめなので、お肌をきゅっと引き締め、なめらかな肌に戻したいときは利用するようにしましょう。

ビタミンC誘導体はシミやくすみの改善にも効果がありますし、プラセンタエキスを配合している化粧品もエイジングケア効果が高いので使ってみると良いでしょう。

また、敏感肌の人は30代になると余計に悪化し、肌トラブルを起こしやすくなるので、そのような人が化粧品を選ぶときは無添加のものに絞って購入するようにしましょう。

市販の化粧品の多くに、アルコールや香料、着色料などが含まれていますが、敏感肌の人が使うと、ピリピリするような刺激を感じたり、炎症を起こしてかゆくなることがあるので、出来るだけ余分な添加物が入っていないものを選びましょう。

無添加のものなら、お肌に塗っても刺激を与えることがないので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

肌トラブルは日常の生活の中で自然と生まれてきて、年を取ると代謝が落ち込み肌が再生していくターンオーバーが遅くなるなど、成城に機能しなくなる場合もあります。

さらに紫外線によるお肌のダメージは大きく、夏場はもちろん、冬場も気を付けなければいけません。

暖房や冷房による感想もお肌の敵となってしまいますし、さまざまなストレスも原因となっていきます。

ただ生きてくだけで肌はダメージを負っていくので、毎日の生活で必要なケアをすることが必要です。

30代前半の化粧品

10代や20代の頃は潤いとハリがありシミやシワもあまり気にならなかった肌ですが、30代前半にもなると急に肌のトラブルが増え始めます。

今までは気にならなかった小ジワや乾燥にシミなどを発見すると結構ショックに感じる方も多く、早い内の対策を行わないと40代、50代になる事にはしっかりとケアしていた方と比べて明らかに差が出てしまいショックです。

確かに20代の内からしっかりとケアをしていれば、30代前半になっても肌のトラブルを感じる事無く過ごせます。

しかし、ケアを意識しないまま30代前半になってから気づいても、決して遅い事はなく、今まで使っていた基礎化粧品を見直す事で肌の調子を整える事から始めましょう。

基礎化粧品は、本来皮膚を綺麗に清浄にして肌を健やかに保つ事を目的とした化粧品の事です。

そんな基礎化粧品を選ぶ際には、まず自分の肌質とお手入れの目的を明確にする事が大切です。
30代前半は肌質の変化が急に起こりやすい、いわゆる、お肌の曲がり角と言われる時期なので、どんな肌質に変化したのかしっかりと見極める必要があります。

自分の肌が脂性なのでさっぱりとした使用感で肌をなめらかにしたい、乾燥してカサつき気味なので潤いを与えたい…。

また、そういった目的の他にも、エイジングケアで肌にハリを与えたい、美白になりたい、などいろいろな目的があります。

その目的を明確にする事で選ぶ際に失敗するリスクも減少し安心できます。

基礎化粧品には、色々な肌タイプと目的はあります。しかし、どんな肌のタイプと目的にしても基本は保湿なので、肌の水分だけでなく油分も補ってくれる物を選ぶ様にします。

30代後半の化粧品

30代後半はお肌の転換期で、20代や30代の前半までとはコンディションが変化してくるのがわかります。

今までは肌がオイリーだと感じていたり、保湿系のクリームを使うとベタベタするのが不快だと思っていた人も30代後半になってくると乾燥が気になって、さっぱり系の基礎化粧品では物足りないと思うようになります。

30代後半になったら基礎化粧品を選ぶときも今までのようなさっぱりタイプではなく、肌の水分を逃さないようにする保湿成分がたくさん入ったものを選ばないと乾燥してシミやシワの原因になってしまいます。

アンチエイジングを始めるのも大切なので、今のうちにしっかりエイジングケアに取り組んでおかないと40代になってから後悔することになります。

お肌の基礎をしっかり作っておくことで老化を防いだり遅らせたりすることができます。

ですので、ヒアルロン酸やビタミンC、ビタミンE、コラーゲンなど美肌のために大切な成分に加えて、セラミドやプラセンタ、コエンザイムQ10などアンチエイジングに効果的な成分にも着目した基礎化粧品を選びましょう。

まだ30代だからアンチエイジングをするのは恥ずかしいと思ったり、20代のような感覚でスキンケアをしていると、肌のつっぱりや乾燥に悩まされるのも30代後半の特徴です。

化粧水だけでスキンケアをしていたり、さっぱりタイプの乳液しか使ったことがない人も、これからは保湿クリームや美容液など肌の潤いを守ってくれるアイテムも取り入れるようにしましょう。

シミの原因となるメラニン色素が蓄積して表面に出てくるのもこの時期なので、美白に関連したコスメに着目してみるのもおすすめです。

普段からUVケアに気を付けるようにして、紫外線カット機能が付いた化粧下地や乳液を使って短時間の外出でも肌を守ることが大切です。

年齢を重ねたときに肌が若く見えるか老けて見えるかは、30代後半でスキンケアに気を配ることが決め手になります。

体の成長やホルモンバランスにも変化が出る時期なので、肌もデリケートになっていて、すぐに乾燥したり小ジワやシミが出始めたり、大人ニキビに悩まされることもあります。

目元や口元のケアにも気を付けるようにして、乾燥を防ぐためのクリームを使ったり、肌のキメを整える美容液や透明感を維持するための美白コスメを活用すれば早めのアンチエイジングができます。

紫外線にも注意して、今までよりも肌を守ることを考えて基礎化粧品を選びましょう。

これまで、30代での肌の特長やケアについて述べてきましたが、なによりも、30代になると、自分の肌質にあった化粧品によるスキンケアをすることが重要なのです。

30代の自分の体の状態や皮膚の特長などをしっかりと把握して、それにあわせたスキンケアを日々心がけるようにしましょう。

そして、このことがこれからも続いていゆく肌の老化を少しでも遅らせていくことに繋がります。

30代の肌をケアする化粧品の成分

30代ともなればそろそろお肌の曲がり角とも言われますから、毎日のスキンケアに使う化粧品は何を使おうか悩んでしまうのではないでしょうか。

メーカーも種類も豊富ですから、自分の肌の状態を確認しながら適切な成分が含まれたものを選ぶ事がとても重要になってきます。

若かった頃とは違って肌の水分量は徐々に減っていくのに、皮脂の量はそのままというような肌へと変化をしているのです。

毎日メイクをしていると気が付くと思いますが、目元周りやフェイスラインは乾燥が気になっているのに、おでこや鼻周辺は油でべとつくというような具合です。

化粧品もなるべく減った水分量をカバーできるように、保湿を重点的に行えるような成分が入っているかどうかをチェックしていく事がポイントになります。

使い慣れているものがあるからといって、そのまま使い続けていても肌のためにはなっていない場合もあり得るのが30代の悩みどころでしょう。

保湿をどうやってするのか分からないかもしれませんが、まずは手元にある化粧品のチェックから始めてみましょう。

セラミドやヒアルロン酸は一度は聞いたことがあると思いますが、保湿をしっかりとサポートしてくれます。

レシチンやスクワランなども保湿の助けをしてくれるので、毎日使う化粧品に含まれていると嬉しい成分です。

また、年齢が気になってきて徐々に様々な肌トラブルが増えてくるのもこの年齢の悩みとしてよく挙げられます。

シミが気になるのであれば、肌のハリをアップさせてくれるペプチドやコラーゲンなども入っていないかチェックしてみましょう。

シミを薄くしようと思うときには、美白が期待できるようなビタミンC誘導体やアルブチンが入っているものを使ってみて下さい。

仕事やプライベートで疲れやストレスが溜まってニキビ対策もしたいという場合には、赤みや炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸2kなどの配合がされているものも良いでしょう。

値段も安価なものから高価なものまで様々な化粧品がありますから、本当に悩むものです。

肌の状態も調子の良い時があれば、体調を崩したりして肌荒れを起こしてしまって使うと染みたりするようなことも出てきます。

美しい肌を保つ事ができるように、日頃利用している化粧品の成分にももっと目を向けてみて下さい。

自分の肌に合うものを選ぶ事で、健やかな肌を保てます。

自分の肌に合った化粧品を選ぶ…!

p>30代の女性は、自分はまだまだ20代の頃と同じような気持ちでスキンケアを行っている方は多く、どうしても若い頃に使用していたスキンケア化粧品を継続して使用している方は少なくありません。

肌質に合っていると感じたメーカーの化粧品を長く使うことは良いことですが、自分自身の肌は年齢と共に変化をしているので、普段通りのお手入れをしているのに、乾燥しやすくなったと感じたり、肌のコンディションが悪くなったと実感した場合は、スキンケアが今の肌質に合っていない可能性が出てきます。

30代は肌質に限らず、体全体も老化の兆しが見え始める時期と言われており、若い頃の気持ちのままお手入れなどを怠ってしまうと、一気に体の老化が進行してしまい老けた見た目になってしまう危険があります。

特に肌質は若々しさを表すバロメーターと言われているので、少しでも今までと違うなと感じたらまずはスキンケアを見直すように気をつけることが重要です。

毎日きちんと洗顔やスキンケアを行っているつもりなのに、肌がテカりやすくなったりメイク崩れが起こりやすくなったと感じる方は、自分自身が脂性肌なのだと勘違いしやすいです。

しかし肌のテカリの原因は肌の乾燥と言われており、肌内部に十分な潤いが不足してしまうことで、体が肌を保湿しようとして通常よりも過剰に皮脂分泌を多くする傾向があります。

また女性ホルモンの量が年齢と共に低下すると、女性ホルモンの分泌量に対して男性ホルモン量が優位に立つようになってくるため、皮脂分泌量が増えたり毛深くなりやすい事もわかっています。

肌の乾燥が進行すると、肌表面のバリア機能が壊れて刺激に弱い敏感肌になる危険もあるので、健やかでハリと透明感のある肌質を維持するためにも、保湿が十分に行えるスキンケア化粧品の選び方が重要になります。

きちんと保湿成分が配合されている化粧品を利用しているのに、肌が乾燥してしまうという悩みをお持ちの場合には、導入美容液を利用することをおすすめします。

この導入美容液とは洗顔後に化粧水の前に肌になじませる製品で、肌の表面を整える効果により通常よりも化粧水の潤いが浸透しやすくなります。

このように年令や肌質に合わせて、適切な化粧品の選び方をするようにしましょう。

おすすめの人気ランキング・リストを活用して、貴女にピッタリの化粧品を選びましょう!

30代になると、「自分の肌質にあった化粧品によるスキンケア」をすることがとても大事だということがわかりました。

「でも、ちょっと待って!それって大事なことはわかるけど…自分でいろいろ調べて自分にあった化粧品を選ぶとなると、私、けっこう忙しいし…、その上、ちょっと面倒くさいし…」

いや、貴方の言わんとすることはわかります。

テレビや新聞、雑誌やインターネットなどで、自分で色々と商品を見て調べ、いちいち自分に合っているかどうかチェックする…コレって大変ですよね!

そこで、当サイトでは、貴方に代わって、30代の女性のスキンケアに合った化粧品を調べてみました。

そして、すでに使用されて体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などで、独自に調査した結果をランキングで掲載しています。

貴方のこれからの化粧品えらびの参考になれば幸いです。

ランキング…化粧品

30代のための化粧品    人気ランキング・リスト

  1.       【decencia】アヤナス  トライアルセット  

    【decencia】アヤナストライアルセット画像
    ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌ケアをしながら、ほうれい線・シワ・たるみのない肌を実感させる化粧品セットです。
    ポーラ研究所のエイジングケア研究の集大成である「アヤナス」の特許技術ヴァイタサイクルヴェールR』により、外部刺激をブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP
    そして、コラーゲン産生量を170%アップするオリジナル成分配合により、ハリ・弾力をアップさせ、さらに、新知見の「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応し、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスなうるうるハリ肌へ導きます。
    すでに体験された方の声も、「敏感肌でも安心のエイジングケア…!(42才・敏感肌)」「ピンっとしたハリを実感できる美容液がお気に入り!(44才・敏感肌)」…などと好評で、数々のベストコスメを受賞し、メデイアでも数多く取り上げられています。
    この度(2016年秋)、リニューアルによりパワーアップして新アヤナスとして誕生…。セット内容は、アヤナス・ローション・コンセントレート、アヤナス・エッセンス・コンセントレート、アヤナス・クリーム・コンセントレートの3アイテムで、より深く肌へと働きかけ、輝きをもたらします。
    今なら、じっくり試せる10日間トライアルセット初回限定の特別価格! 30日以内全額返金保障、送料無料、手数料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            アヤナストライアルセット


  2.       アスタリフト(ASTALIFT)  ベーシックトライアルキット  (FUJIFILM)

    アスタリフトベーシックトライアルキットの画像

    FUJIフィルムが「こだわりの美容成分」と「ナノ技術」を結集して開発したうるおいハリ肌のための化粧品セットです。
    CoQ10の1000倍といわれるハリ肌パワーを持つ天然の赤い美肌成分「アスタキサンチン」を配合し、これをFUJIのナノ化技術で肌のすみずみにしっかりと浸透させます。
    さらに、赤いトマトの美容成分「ナノリコピン」や「3種のコラーゲン」が肌にむず水しいハリ感を実感させます。
    幸せなエイジングへと続く内側から輝きを放つフォトジェニック・ビューティー(みずみずしさ、透明感、ハリ、健康的、輝き)が、アスタリフトのめざす美しさです。

    すでに体験された多くの方が「ぷるぷるピンを実感…!」され、「お手入れの後のしっとり感に、自分で触ってついニッ!としてしまう毎日。使い続けていきたい…!」(50代)などと好評です。

    モニター向けアンケートの結果も、「うるおいを感じた…91%」「ハリ・うるおいを感じた…87%」「継続して使いたい…92%」と高い支持を示しています。

    メディアでも多く取り上げられ松田聖子さんのテレビCMが話題となった商品です。

    今なら、基本4品(ジェリー、ローション、エッセンス・デスティニー、クリーム)がしっかり試せるベーシックトライアルキットが、通販限定の特別価格、送料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            アスタリフト


  3.       ライスフォース・トライアルキット

    深層保湿トライアルキットnbsp; (ライスフォース)の画像
    お米からできた美容成分保湿、うるおいが長時間続くトライアルセットです。
    基本3セットのアイテムは、薬用保湿化粧水・薬用保湿美容液・薬用保湿クリーム
    白米から抽出したライスパワーエキスを高配合していますので、うるおい成分が角質層まで しっかり浸透して、しっとりモチモチを実感できます。
    このため、すぐれた保湿力で自ら潤う肌を作る、エステ級コスメとして多くの方々の支持を得ています。
    数多くのヘアメイクさん、芸能人・モデル・タレントさんも愛用し、これまで、売上1700万本突破!のコスメです。
    すでに愛用されている方の声も、「肌が綺麗だと褒められ…」「すっぴんもOKに…♪」、「素肌がしっとりツルツルで、メイクも しっかりキマる!」など好評で、「うるおい満足度…98%」です。
    今なら、基本3セットお得な5点セット80%OFFの特別価格全額返金保証・全国送料無料・ネット限定で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            ライスフォース・トライアルキット


  4.       シズカニューヨーク    日本人女性のための年齢肌化粧品

    シズカニューヨーク日本人女性のための年齢肌化粧品の画像
    ニューヨークの有名エステサロン『シズカニューヨーク』から生まれた日本人女性のための年齢肌化粧品です。
    シミやシワ・ハリ・たるみなどに肌の悩みがある大人の女性を対象に、ニューヨークの一流エステサロンの技術のもと辿りついたWタイムレスケア理論により、どちらかではなく、どっちも気になる方へ、シミ・シワの無い日本人本来の美肌を実感させます。
    つまり、シミだけ、シワだけをケアしても、どちらか一方があれば、光反射率が高まらず、一方が目立ってしまいます。
    このため、シミとシワを同時にケアする必要があります。
    しかし、今までのスキンケアでは、何アイテムも必要でしたが、シズカニューヨークでしたら、薬用美白化粧水保湿美容乳液の、たった2本でケアが完了。
    アイテムは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ薬用美白化粧水「ホワイトニングエッセンスローション」と、熟成プラセンタ、熟成コラーゲン高配合の保湿美容乳液「リフティングクリーミーセラム」の2アイテムです。
    すでに愛用の方の声を聞くと、「まさか、こんなに変わるなんて…!」「あきらめていた肌のハリが…!」「エステに行くよりいい感じ…!」などなどと好評です。
    また、数々のメディアから絶賛され、日本人の女性美を追求したNYエステの化粧品として、多くの賞を受賞した話題の化粧品です。
    ただ今、モニター募集キャンペーン中で、お得な「オールイン2BOX」定期お試し便60%OFF!(初回限定)、送料無料などの特典付きで提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            シズカニューヨーク


  5.       ミューノアージュ(MUNOAGE)    トライアルキット

    ミューノアージュトライアルキットの画像
    7種類のペプチドを配合したシミ・しわ・たるみ肌のための化粧品セットです。

    とくに、保湿化粧水のモイスチュアチャージローションは、肌荒れセンサーカプセルがはたらいてダメージを効果的に修復する、美容液クラスの化粧水です。

    皮膚のエキスパートである小泉明子氏による積極的に年齢に立ち向かう攻めのエイジングケア…肌に優しくかつ効果が実感できる化粧品をつくりたいという想いから生まれた先端美容の化粧品が、肌にうるおいを注ぎ込み、ハリ・弾力を実感させます。
    すでに多数の方々が使用されており、「劇的にキメや毛穴が改善、孫の肌のようなモチモチ肌に!」など、非常に好評です。
    また、メディアでも数多く取り上げられ、「この化粧水大好き!お疲れ肌に必要~!」などと、女性雑誌にも掲載されています。
    今なら、数量限定の化粧水・クリーム・薬用美白美容液のトライアルキット(10日分)特別価格で、送料無料・代引き手数料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            MUNOAGE(ミューノアージュ)


  6.       ドレスリフト  (アテニア)  「時計美容」スキンケアライン

    ドレスリフト(アテニア)時計美容」スキンケアライン社画像
    時計遺伝子」に着目したアテニアの新発想のハリ実感スキンケアです。
    今までの、あたえるだけのスキンケアではなく、肌の根本能力を目覚めさせ、本来のハリ肌へみちびきます。
    時計美容」とは、24時間のなかで刻々と変化する日中と夜の肌状態に合わせたケアです。
    このため、朝と夜とでアイテムを使いけたタッチングメッソドを採用。

    さらに、エイジングによる小ジワやハリ不足の肌の肌のために、タテとヨコの立体的なハリ「3D美肌」を叶える独自原料…醗酵コラーゲンやクインスシードエキスがタップリと配合されています。

    すでに使用されている方の声も「うるおいすぎるぐらいで驚いています…!」「乾燥シワがあっという間に気にならなくなりました…!」などと好評です。

    今なら、14日間のハリ実感プログラム(フェイシャルソープ /ローション /デイエマルジョン /ナイトクリーム )が数量限定の特別価格、送料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            アテニアドレスリフト


  7.       HANAオーガニック(HANA ORGANIC)  トライアルセット

    HANAオーガニックの画像
    肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品のお試しセットです。
    植物の力を借りて、肌本来の美しくなるチカラを取り戻す…このコンセプトに基づき、ハーブの王様と呼ばれる最高峰ブルガリア産のオーガニックローズから抽出したローズオイルを濃縮配合。
    さらに、エイジングの悩みをケアする美容成分として、100%天然の6種類のオーガニック花精油、9種の和漢植物などが配合されています。
    天然100%のオーガニックコスメが、昔の肌とぜんぜん違う、貴方史上で最高の肌へと導きます。
    すでに体験された方の声も、「使いだしてから、肌が明るく自分で潤うように…。ほんとうに驚きました。」「肌がツヤツヤして、ずいぶん白くなりました。」とみなさん好評で、続けて使いたい…と答えたかたが90.7%!
    このためコスメ業界でも話題となり、多くの女性誌、美容雑誌にも取り上げられています。
    また、国産オーガニックコスメ・通販部門・売上第1位を達成した商品でもあります。
    今なら、WEB限定の「体験7日間のトライアルセット」が、56%OFFの初回特別価格・送料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            HANAオーガニック


  8.       b.glen(ビーグレン)    トライアルキャンペーン

    b.glen(ビーグレン)社画像
    ビバリーグレンラボラトリーズブライアン・ケラー氏が開発した米国カリフォルニア発のサイエンスコスメです。

    どんなに優れた成分も、届かなければ効果がないという「浸透深度」という発想で、先端テクノロジーキューソーム画像(キューソーム)により、肌に届く浸透の深度をコントロールします。
    そして今回、今までよりも一層、肌の悩みごとにフォーカスした新たなプログラムを開発。肌トラブルの原因を分析し19種類に細分化して、肌の悩み解決のための8つのプログラム…毛穴ケア/ホワイトケア/たるみ・ほうれい線ケア/乾燥/保湿ケア/ニキビケア/ニキビ跡ケア/目元ケア/ディープラインケア…が新しく開発されています。

    理想的なスキンケアのために自分の肌にぴったりの製品を選べるようにとのコンセプトで、すべての製品にお試し使用ができるトライアルセットが提供されています。

    現在、この新しく開発された「肌悩みのための新しい8つのトライアルセット」が、全国どこへでも送料無料!365日間返品・返金保証のサービズがついて提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            b.glen(ビーグレン) トライアルキャンペーン



  9.       ライースリペア &nbsp(ライスパワーショップ)

    ライースリペアの画像皮膚水分保持能を改善できるライスパワーNo.11を配合した本格エイジングケア化粧品です。
    国産100%のお米から作られるライスパワーNo.11が、皮膚内部まで浸透し、水分を角質層にとどめ、肌に水分を保持する力を高めて肌を根本から改善して、うるおいが続く美しい肌へと導きます。
    水分保持能の皮膚改善により、みずみずしく潤う肌、くすみのない透明な肌、ハリのある弾んだ肌、透明感のある艶肌、乾燥小じわの目立たない上質な肌の5ステップの肌改善スパイラルを実感させてくれます。
    その基である「ライスパワーRエキス」は、160年以上の歴史を持つ勇心酒造が、米に秘められた可能性を感じて、30年もの研究を経て生み出した、世界で唯一、皮膚水分保持能を「改善」する効果が認められた医薬部外品有効成分です。
    すでに、10万人以上の幅広い年代の女性に愛用されており、特にエイジングが気になる40代の方の声も「最初使った時はスーッと入っていくような感触にまずびっくりしましたが、1ヶ月ぐらい使用すると、触るたびに肌の弾力を感じてきたのが、さらにうれしい驚きでした。」などと好評です。
    さらに、女性雑誌など多数のメディアにもその実績が取り上げられるなど、肌改善を求める多くの女性の支持を得ています。
    今なら、WEB限定の10間のトライアルキット(化粧水、美容液、クリーム)がお手頃価格の送料無料で提供されています。
    また、たっぷり50ml(約1ヶ月分8,400円相当)のライースリペア インナーモイスチュア エッセンスNo.11 がプラスされたライースリペア 実感セット特別価格の送料無料で提供されています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            【ライースリペアトライアルキット】


  10.       メディプラスゲル  

    メディプラスゲル社画像
    肌環境の向上で、しわ・たるみを改善するオールインワンゲルです。
    化粧水・乳液・美容液・クリームの四役をこなしますので、洗顔後はこれ1本でOKです。
    最小限の刺激で、最大限の効果を実現するため、サティス製薬と共同開発したユーザーズコスメです。
    もともとは、主に全国の病院の皮膚科や美容外科などので取り扱われてきた限られた化粧品「メディプラスオーダーズ」を、一般向けに商品開発したものです。
    これにより、、防腐剤フリーで62種類もの美容成分の配合に成功し、乾燥した年齢肌からハリ・つや・弾力のある肌をとりもどし、見た目年齢をぐっと若返らせます。

    これまで50万人が愛用・リピート率93%(発売元調べ)、販売実績250万本を突破(2013年12月末時点)、モンドセレクションを4年連続受賞(2010年、2011年、2012年、2013年)しています。
    現在、初回限定のたっぷり60日分のお試しコース特別価格で、送料無料・30日間返金保証・豪華8点サンプルセットの特典が付いています。

    ▼詳細を見る
            ↓        ↓        ↓
            メディプラスゲル


  11. ランキング TOP↑



ランキング TOP↑


30代になったら行いたい化粧品の見直し

私たちの肌は年齢とともに変化していくため、その時々に合ったケアを行うことが大切です。

実際に30代になってから、これまでと比べて肌の乾燥が気になる・シミが増えてしまった・肌のハリが不足しているなど肌の悩みを抱える女性が増えてきます。

そこで、肌の変化に伴って基礎化粧品の見直しを行う必要が出てきます。

基礎化粧品の見直しの仕方ですが、これまで感じていなかった肌の悩みを感じるようになったら、それはエイジングサインの可能性があります。

エイジングサインを放置しておくと更なるトラブルに発展してしまう場合があるため、悩みに合ったエイジングケアが行えるスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。

ちなみにエイジングケアとはどのようなことを指すのかというと、「老化してしまう肌のお手入れを行う」ことです。

私たちの肌は25歳が曲がり角と言われており、25歳を過ぎてから徐々に老化が進むと考えられています。

とは言え実際に肌に分かりやすい変化が現れないとエイジングケアに移行しないという人が多く、30代になってから行う人が多くいます。

そしていざ30代になった時に、どのようにしてエイジングケアを行えば良いのか分からないという人が多いのも事実です。

お肌のケア方法は様々ですが、身近なものとしてはスキンケア化粧品を見直すこと、そして肌ダメージの元となる紫外線にできるだけ当たらないようにすることなどが挙げられます。

日焼け止めや日傘を使用するなどして紫外線を避けるようにし、後は毎日エイジングケアが行える化粧品を使用することで、日常的な肌の老化に対するケアが行えるでしょう。

エイジングケア化粧品の選び方ですが、製品ごとに様々な美肌成分が使用されており、それらの中から自分の悩みに合ったものを選ぶ必要があります。

乾燥が気になるのであれば保湿成分がしっかりと配合されたものを選ぶ必要がありますし、シワやしみなどの悩みであれば、美白成分やコラーゲンの生成を助けるような成分のものを選びます。

そのため、まずはスキンケア化粧品に使用されている成分と、主な効果を確認するようにしましょう。

また、使用成分の中には美肌成分だけでなく、肌にとって有害となる成分が使用されていることもあります。

動物性界面活性剤・シリコン・防腐剤・鉱物油・人工着色料・人工香料などが当てはまりますが、それらは肌にとって負担となることがあります。

そのため、特に敏感肌の人であれば、これらの成分が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

30代の毛穴トラブルに効果的なスキンケア化粧品

若い頃は気にならなかった頬周りの毛穴が、30代になってから気になるようになったという悩みをお持ちの女性は近年増えてきています。

毛穴のたるみが起こる原因は、皮膚内部の潤い成分が加齢に伴い不足することで、今までのスキンケアだけでは十分に潤いを補給することが出来ず、乾燥してしまう悪循環を起こしている状態です。

元々頬はおでこや鼻筋といったTゾーンに比べて、汗腺が少なく非常に乾燥しやすい皮膚の部分となっています。

そのため年齢を重ねてからTゾーンはテカりやすいのに、頬は乾燥するといった混合肌の状態になってしまったと感じる方は増えてきています。

基本的に30代以降の肌は、出来るだけ肌に負担をかけずに洗顔やクレンジングを行い、更に不足している潤いを補うためにも保湿に特化したスキンケア化粧品を利用して、毛穴を引き締めるお手入れを行うことが重要になります。

そのため若い頃から同じメーカーのスキンケア化粧品を使い続けているという方は、一度使用をやめて保湿ケアが十分に行えるエイジングケア化粧品に切り替えて行くことをおすすめします。

既に肌が乾燥して肌表面がカサついてしまっている方は、肌のバリア機能が崩れて敏感肌になっている可能性があります。

洗顔をしたときや化粧水を使用した時に肌がヒリつくようなら、バリア機能が壊れて刺激を受けやすくなっている状態です。

そのため30代で敏感肌になりつつある方は、まずは低刺激で肌に優しいスキンケア化粧品を利用して、肌のコンディションを整える事を心がけましょう。

また健やかな肌を手に入れるためには、毎日の生活習慣を見直すことも重要です。

夜更かしをすることが多い方は、出来るだけ毎日十分な睡眠をとるようにすることや、健康な肌を構成する栄養バランスの整った食事をとることも重要です。

敏感肌が整ってきたら、本格的に保湿ケアを行う必要があり、メイクオフをする際には洗浄力の強すぎるオイルタイプやリキッドタイプを利用するよりも、クリームクレンジングなど潤いを肌に残す化粧品を利用するようにしましょう。

メイクをする際には、ミスト化粧水を化粧下地を使用する前に肌にふきかけると、不足した潤いを補ってメイクを行えるので、ファンデーションの密着度が高くなり、毛穴落ちやメイク崩れを防ぐことが出来ます。

さらにメイク直しの回数も劇的に減らすことが可能です。

このように年齢に合わせて適切なお手入れを行うことで、肌のコンディションを改善していきましょう。

30代のしわに使いたい化粧品とは…

20代であれば乾燥対策だけでもしわ対策ができると言っても良いかもしれません。

しかし、30代は20代とは肌質が変わっています。

加齢とともにどんどん体内で生成されるコラーゲンの量が減ってしまいます。

他にもヒアルロン酸やセラミドなども体内から減少していますので、今までと同じ化粧品を使っていては年齢が顔に出るでしょう。

コラーゲンが減少すると、肌のハリや弾力が減少します。

自分で触ってみても以前よりもハリも弾力も感じなくなっているはずです。

自分で作れないのならば外から補わなくてはなりません。

コラーゲンが入っている化粧品を使ってみましょう。

コラーゲンが入っている化粧水や美容液、乳液などを使います。

コラーゲンには複数種類あります。

低分子であれば、肌の奥まで浸透しやすいです。

肌の奥でコラーゲンが生成されていますので、低分子やナノ化と書かれている方が良いでしょう。

コラーゲンを生成する時にビタミンCが必要なので、ビタミンCが入っている化粧品を使うこともおすすめします。

ビタミンC誘導体が入っている化粧品を使いましょう。

最近は新型ビタミンC誘導体があり、こちらはとても浸透しやすいのでできればこちらを使ってください。

これまで、ビタミンC誘導体が入っている化粧品を使ってもあまり30代のしわに効果を感じなかった人もこれを使えば効果を実感できるかもしれません。

乾燥とたるみ対策と両方を心がけた方が良い年齢です。

コラーゲンでたるみ対策をして、乾燥しないようにするためにもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っている化粧品を使ってください。

30代は肌の保水力が低下し始める時ですから、今まで以上に保湿に力を入れないと乾燥しわが目立つようになります。

まだ、あまりたるみを感じていないかもしれませんが、そろそろたるみ対策を始めないと一度たるみが生じてしまうと、それを改善することはとても大変です。

どんどん悪化していきますので、早めにエイジングケアを始めないといけません。

20代と同じスキンケアを続けようとしていませんか。

もう同じスキンケアでは肌が衰えてしまうかもしれません。

目の周りや口の周りは特に皮膚が薄いのでアイクリームを使って乾燥対策してください。

これを怠ると目元や口元のしわがひどくなるかもしれません。

アイクリームはほうれい線対策にも使えますので、試してみませんか。

化粧品を変えて少しでもしわを少なくしたり、予防しましょう。

30代のたるみを解決する化粧品は?

30代になるとそれまでと同じような化粧品を同じようなやり方で使っていても、今まで通りの効果が得られないとガッカリしてしまうことが多くなります。

それもそのはず、20代と30代の肌は同じものではりませんから、当然化粧品もそれに応じてかえていく必要があります。

例えば30代の肌の悩みで一番トップにくる項目は、「毛穴の開き」ですが、この原因は肌のコラーゲン量が減少してしまうことで起こるのです。

コラーゲンは例えるならベッドのスプリングのように肌の内部で存在し、ハリや弾力を担っています。

コラーゲンが作られる量のピークは10代後半であり、その後は加齢にともなって作られる量は減少していくのです。

これら肌のハリや弾力を作るコラーゲンなどが減少することで、肌にはたるみが現れます。

そのたるみの影響で肌表面は凸凹に落ち込んでしまい、表面にある毛穴も一緒に落ち込んでしまうので影ができ、縦長に開いてしまいます。

ですから肌のたるみをなんとかしたければ、それをカバーしてくれる成分が入った化粧品を使うことで改善されていくでしょう。

30代になったら肌のハリや弾力物質である、コラーゲンやエラスチンを育てたり補ったりする成分が配合されている化粧品を使うようにしましょう。

例えば化粧品の中でも必ず毎日使うものは化粧水です。

ではどんな化粧水を選べば良いかというと、コラーゲンやエラスチン、そしてコラーゲンを増やす働きをするレチノールやビタミンC誘導体といった成分が入っている商品です。

これらを使ってケアすることで、たるみも毛穴もケアできるわけです。

また、最強保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が配合されているものがあれば、更に良いでしょう。

また、折角年齢や悩みにあった化粧品を使いだしても、その使用方法が乱暴であれば肌は簡単に傷付いてしまいます。

例えば化粧水をつけるときには掌にとったあと、パンパンと音がなるほど頬に叩き込んでいませんか?

肌表面にそのような強い刺激を加えると、刺激によってメラニン色素が生まれ、しみになってしまいます。

また毛細血管が切れて赤ら顔になることもありますので注意しましょう。

化粧水は、1度手にとったらそれをゆっくりと馴染ませるように肌の上で伸ばし、手をそのままそっと肌に置いてプレスしてみましょう。

そのような方法で化粧水をしみこませると、刺激を与えませんのでシミや赤ら顔になるなどの結果を防ぐことが出来ます。